口周り 肌荒れ 原因

口周りの肌荒れ原因|ムダ毛処理のアフターケアー

 

口周りの肌荒れに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。口周りの肌荒れが生じてしまう原因としては、ムダ毛の自己処理、大人ニキビ、スキンケア不足による乾燥などがあります。

 

口周りのムダ毛処理で剃ったり抜いたりを繰り返していると肌や毛穴に大きな負担をかけてしまいます。色素沈着を引き起こして黒ずんでしまったり毛穴の炎症や埋もれ毛が生じてしまったりなどの問題も発生します。対策としては、自己処理を止めてサロンやクリニックでの脱毛にシフトする、自己処理後のアフターケアを徹底する、肌への刺激が少ない電気シェーバーを使用するなどがあります。

 

また、口周りは大人ニキビができやすい箇所でもあります。大人ニキビは同じ箇所に何度も繰り返しできたり治りが遅かったり跡が残りやすかったりするという厄介な特徴があります。ムダ毛処理でニキビを傷つけてしまったりすると治りはさらに遅くなってしまい症状が悪化してしまう危険もあります。対策としては、栄養バランスのとれた食事や適度な運動や良質な睡眠や規則正しい生活リズムや疲労回復やストレス解消を心がけて健康的な生活を送るということと、保湿ケアを徹底して角質のバリア機能を高めて大人ニキビができにくい健やかな肌環境をつくるということが大切です。

 

肌が乾燥しているということは角質のバリア機能が低下している状態で肌に油分や水分などのうるおいをため込む力が弱っているということになります。角質のバリア機能が低下しているとターンオーバーの乱れが生じて肌細胞の再生がうまくいかなくなってしまい肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。ですので、保湿効果が高い化粧品でたっぷりと肌にうるおいをチャージして角質のバリア機能を高めてターンオーバーを促進させることが重要になります。ターンオーバーが促進されれば肌細胞の再生も速くなり肌荒れが起こりにくい健康で美しい肌に導くことができます。

 

page top