美容のためにできる産毛処理

産毛の自己処理のメリットとデメリット

 

産毛処理はセルフかエステティックサロン、美容クリニックで受けることになります。セルフ処理はかみそり、ワックス、クリーム、毛抜き又は家庭用脱毛器などで処理をすることになります。いつでも好きな時にできるのがメリットですが肌を痛めやすいという欠点もあります。しかし、自分で処理をすると毛を抜いた毛穴に汚れが入り込み黒ずみになってしまったり、薬剤が肌に合わなかったり、抜いた部分に炎症が起こってしまったりとトラブルになりやすくオススメできません。

 

また、よく「毛を剃ったら濃くなった」という話を耳にしますが、全く医学的根拠のない話です。濃くなったと感じるのは剃ることで根元の毛が目立ち、濃くなったように見えるからです。キレイに産毛を処理するにはやはりプロの力を借りるのがおすすめです。

 

産毛の処理はシェービングサロン、エステティックサロン、美容クリニックでできます。シェービングサロンは理容師が未そりを使って施術をしてくれます。費用はフルフェイスで3千円あればおつりがくるくらいです。エステティックサロンでは光脱毛がメインです。定期的に通うことにはなりますが、毛が抜けて生えてこなくなる方もいます。美容クリニックではレーザー脱毛が受けられます。別名、永久脱毛です。費用は結構掛かってきますが、永久脱毛の効果が期待できます。この3種類の店舗で施術が受けられます。

 

いずれも施術後はアフターケアをしれくれ、肌に与えられたダメージを最小限にとどめてくれます。産毛処理で得られるメリットは3つあります。1つは肌のトーンがワントーン明るく見えることです。また2つ目はムダ毛がなくなったことでファンデーションが肌に馴染み、化粧乗りも良くなります。3つ目は基礎化粧品の浸透が良くなることです。産毛の処理することで化粧水や美容液などが角質層まで深く浸透しやすくなります。費用面、施術内容などを元に考え、よく吟味して決めてください。

 

page top